坐骨神経痛について Part1

- update更新日 : 2022年03月18日
folder未分類

坐骨神経痛って一体?

よく耳にする坐骨神経痛。そもそも坐骨神経ってどういったものなのでしょうか。

zakotu.png

坐骨神経とは身体の中で一番太く長い神経で、腰からつま先まで伸びている抹消神経です。この坐骨神経が圧迫などの刺激を受けると腰やお尻、太ももや足の先まで強い痛みやしびれが起きます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名

腰からつま先まで伸びている「坐骨神経」がいろいろな原因によって圧迫、刺激されることで起きる痛みやしびれなどの症状を「坐骨神経痛」と言います。

痛みやしびれのある部分に原因があることもありますが、離れた部分に原因があることもあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因はどのようなものがあるのでしょうか。

・椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間のある椎間板の中から髄核という組織が飛び出すことによって坐骨神経を圧迫することにより、痛みやしびれが出ます。

・脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経などを圧迫して腰の痛みや足のしびれを引き起こします。特に50代以上の方に多い症状です。

・梨状筋症候群

お尻にある梨状筋の下には坐骨神経が通っているため、この梨状筋がこり固まると坐骨神経を圧迫してしまい足などのしびれを引き起こします。

・その他

腰椎すべり症、仙腸関節障害、内臓疾患など。

当院にも坐骨神経痛でお悩みの方が多くいらっしゃってます。どこへ行っても良くならなかった症状、うらやす整体院にお任せください。

Part2に続きます。

坐骨神経痛の改善についての記事はこちら!

お気軽にご相談ください

カンタンWEB予約
限定クーポン
タップで電話する