腰は曲げるべき?反らすべき?

- update更新日 : 2022年03月19日
folder未分類

腰痛の原因は?

「腰痛」と一言でいいますが、うらやす整体院にいらっしゃる方々だけでもその原因も様々なんです。

腰を丸めるような姿勢で痛みが出る方もいれば、全く正反対に腰を反らしすぎた姿勢が負担をかけてしまっているという方もいます。
では、どちらが腰に良いのか?

11-1.jpg

こんな実験データが出ていますので、以下を参考にしてみましょう。

腰痛の原因の比較データ

16名の対象者に下記2つの姿勢を、1日ずつ交互に1週間続けてみたデータです。
■ 2時間立ったままの姿勢(=比較するための姿勢)
■ 2時間の立った姿勢のうち、15分間隔で5秒間の前屈み姿勢を入れることにする(=実験するための姿勢)
→上記の実験を比較解析してみると、立ちっぱなしの同じ姿勢を続けた場合と比べ、15分間隔で動いた場合には36%痛みが軽減していたという結果になりました。
 
つまり腰痛の原因は、腰を曲げるか反らすかという事ではなく、同じ姿勢を長時間続けてしまう事にあると考えることができます。 

腰痛_9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s.jpg

動作と痛み方

腰痛の原因と痛みの出方について代表的なものは、
 
・デスクワークなど、座る時間が長い方
→腰を曲げると痛みが強くなる腰痛。
 
・長時間の立ち仕事等が多い方
→腰を反らすことで痛みが強くなる腰痛。
 
というように、原因が変われば痛みが出る動きも変わります。
 
腰の筋肉の緊張を緩めていこうとする際には、原因次第でその対処方法も変わるんです。

しっかりと原因を見極めること
・原因に対して適切な対処をすること

の二つが重要だという事がお分かりいただけたでしょうか。

11-2.jpg

すでに痛みが出てしまっている方、将来のお身体を考えて負担のかからない姿勢や動作をマスターしたい方、
お困りなことがあれば是非、うらやす整体院へ!
 
あなたの腰痛の原因を全力で解決します!!

参照:ポケットセラピストニュース

腰痛の改善についての記事はコチラ!

catch_02

カンタンWEB予約
限定クーポン
タップで電話する