台風と体調の関係

- update更新日 : 2022年03月19日
folder未分類

台風と体調

8月も後半に入りましたが、例年に比べて台風が多いですね。現在W台風が西日本に接近中です。

今回は台風と体調の関係について。

49ff03b0fc071930b37045f4a8d0df70_s.jpg

台風の影響の正体は?

今では天候の変化で、頭痛やめまいなど体調の悪くなることを、「天気痛」、「気象病」などと呼ぶことが多くなりました。

お天気に関係した不調の主な原因は、気圧の変化です。急な変化ほど症状が強くなる傾向にあります。
気圧の変化で人体はストレスを感じ、それに反応して自律神経が活性化されます。

自律神経ってどんなもの?

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は心身を興奮状態に、逆に副交感神経はリラックス状態にさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、さまざまな体調不良の原因となってしまいます。
1日の間に10℃以上の温度の変化や、前の日と比べて気圧が10hPa以上変化すると、症状が出やすいという研究結果もあります。

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s.jpg

影響が出やすい時期は?

不調が出やすい時期は、低気圧が通過しやすい春や秋、梅雨時、台風が頻繁に接近する夏の終わりから秋にかけて。まさに今の時期は症状の出やすい時期なのです。

対策はとれる?

なぜ台風が近付いてくると不調を感じやすいのか。それは気圧の変化が急激なこと、そして移動のスピードが速いことが原因だと言われています。

日本人の4人に1人が天候によって不調が起きると言われています。

当院の施術でも自律神経を整えることは可能ですので、ぜひ1度うらやす整体院にご相談ください。

catch_02

カンタンWEB予約
限定クーポン
タップで電話する