骨盤は歪まない Part.3

- update更新日 : 2022年08月17日
folder未分類

脚の長さの左右違ってくる原因は…

でん部や腰についている筋肉は、人体の骨格筋のなかでも最も大きく力強い筋肉が備わっています。
その大きい筋肉の中で、脚長差の原因になる筋肉のひとつが腰方形筋です。

腰方形筋の性質上、長時間にわたり力が入った状態が続くと、力を必要としない場合でも筋肉が硬いままになってしまいます。
骨盤vol3.1.png腰方形筋は腰の骨と肋骨と骨盤についているため、硬くなると身体に力が入っていない時でも骨盤ごと肋骨方向に縮み、骨盤自体が吊り上がった状態になってしまいます。
骨盤の下方には脚の骨がついているので、脚そのものも吊り上がり脚長差が生じてしまうのです。

骨盤自体が歪んだわけではなく、腰や骨盤周りの筋肉のバランスが崩れてしまったことが脚長差の原因なのです。
 
脚の長さが違ってしまう原因は「骨盤が歪んでいるから」ではありません。
骨盤が本当に歪んだり、ズレていたらおそらく普通に歩いたりすることは出来なくなってしまうはずです。

Part.4に続きます。

詳しい骨盤周りの筋肉のケアについてはコチラ!

catch_02

カンタンWEB予約
限定クーポン
タップで電話する